提言

商店街の振興・活性化の視点-商店街のあり方・人の流れを変える。
 商店街の振興・活性化は、各地域の年齢別人口構成により、それぞれの地域の事情に合った空き店舗スペースの活用策が求められます。
 その際、商店街のロケーションやその地域に不可欠なニーズを把握し、店舗の存続にこだわらず、基本は大胆に「商店街のあり方を変える」・「人の流れを変える」を考えることから始まります。これに伴い、商店街の空きスペースに、上記の訪問介護ステーションや、健康や日々の生活上の様々な相談に応じる「地域・生活支援センター」(仮称)を設置するケースも出てくるでしょう。
 また、子ども・学童・高齢者らが気軽に集える、ふれあい喫茶コーナーやイベントスペースも設けられるようになるはずです。